29歳独身農業従事者の神待ち掲示板体験

私はある地方の都市から離れたのどかな市内の畑で農業に従事している農業従事者です。
農業に従事して11年目となる私は、これまで自分の地元である市内で何度か女性をナンパしようと試みたのですが上手く行かず、インターネットの『神待ち掲示板』を利用して『神待ち』をする事にしたのでした。

インターネットの出会い系サイトや出会い系掲示板、そして出会い系チャットなどにおける『神』とは、その日その日の生活を出会い系サイトや神待ち掲示板や出会い系チャットで知り合った男性に頼り、食事、宿泊、入浴などの面で男性からサポートをしてもらう目的で神待ち掲示板などで男性との出会いを望んでいる女性の事を指します。
一言で言うと、『神』と言う女性は、男性の家に宿泊したり食事をしたり入浴したりする見返りとして自分の身体を提供してセックスをさせてくれる女性の事です。
『神』の女性の中には長期間の男性宅への宿泊を望む女性も居て、そういった女性は『神』の女性の中でもトップクラスの『神』として認識されます。
ただ自宅に宿泊させて食事や入浴をさせるだけで若い女性と毎日セックスが出来る存在だからです。

私はそういった『神待ち』を出来る掲示板である『神待ち掲示板』を利用して女性とのセックスが出来ないかと思い、神待ち掲示板を初めて利用してみたのでした。
私は初めてその日『神待ち掲示板』を使って『神』である女性が来るのを『神待ち』していました。
すると『神待ち掲示板』に『神』とおぼしき女性が書き込みをしてきたのです。

女性が掲示板に「ご飯、お風呂、そしてお家に泊めてくれる人、居ませんかぁ。20歳黒ギャルです。」と書き込んだのを見て私は即座に「全部出来ます。いつまででも泊まっていいよ。29歳自営業。」と書き込み、女性からのレスポンスを待ちました。
すると女性から「本当ですかぁ。じゃあ、メアドで良いんで、教えて下さい。」と返事があり、私は自分の携帯のメールアドレスを女性のIDをクリックして女性に送信しました。
そして女性と出会い、自宅に宿泊させて全ての食事やお風呂を提供する見返りにセックスを1週間行う事が出来たのでした。

26歳独身男性無職の人妻体験

都合で会社を辞めることになってしまいまして、次の仕事もなかなか見つからないまま時間を持て余してしまっていました。
次の仕事も簡単に見つからないし、イライラするわ退屈だしで出会い系サイトを利用して暇つぶしでもと考えたのです。
この時は出会いなんて考えてもなくて女性とコミュニケーションが楽しめればいいかなと、軽い気持ちだったのです。
今思うとこういう態度が良かったのかもしれませんが女性が安心感を持てたようで、何人かの人とメール交換を楽しめるようになりました。
その中でも同年齢の人妻がいまして、同い年ということでかなり親しく会話をするようになりメール交換からチャットを楽しみ、いつしかLINEで通話までする関係になっていきました。
学生時代に結婚して夫婦2人だけの生活をしているようで、専業主婦は退屈で仕方ないと共通項もありまして話は盛り上がる一方。
お互いに刺激が欲しいねなんて会話までしていて、そのままランチを一緒にする約束まで発展。
たまには女性と楽しく会話しながらご飯なんていいなと気晴らしにもなりますから、一応多少のオシャレをして出かけて行きました。
確かにとても楽しいひと時になりまして、ランチのあとお茶を飲みながらタップリとおしゃべり出来ました。
人妻と言いましても、まだ若い女性ですから本当に久しぶりの充実した時間を送ることができたのです。
もちろんですが肉体的な関係なんてその時も今も考えていません、人妻と友だち関係でとっても仲良くしているというだけなのですが日頃の不安も解消することができています。

誰にも言えない二人の恋